オッサンノフの疾走感

(記事の後先は無視させて戴く)さて、気づば前の書き込みから5か月が経とうとしている。なんたるスピード!

その間、何もしていなかった、わけではなく。

サイリウム(私のは正しくはペンライト)を初ゲットし、ももクロのコンサートに初参戦したのは5月。ファンクラブ(Angel Eyes)限定ライブ@横浜アリーナ 「誰でもカモーン!~ただしホワイトベレーの方に限ります~」である。ちなみにこのコンサートはメンバー5人がそれぞれ監督を務め3日間で5公演するというもの、私が参戦したのは最終日、5月30日(水)の最終公演by高城監督回。この回が最も観客が多い会だったようで、横アリすべてを使用してのコンサートだった。

このコンサート参戦のレギュレーションにより、どんなオッサンにも関わらず会員の証であるホワイトベレーを持参し、コンサート中はかぶっていないといけないのである。

正直戸惑いはあった。こちとら50代の正真正銘オッサンなのである。が、入場時に実年齢は兎も角、明らかに私よりも「おっさんチック」な男性を確認し、少しだけ自信を深めていたことは記しておく。

でもね、1万人がホワイトベレー帽をかぶっている絵って壮観。そして、若くても明らかに「似合ってない」人も含め兎も角「全員」かぶっているので不思議と恥ずかしさは感じることなくコンサートに没頭できた。

ももクロの5人のあっぱれな「エンターテナー」ぶりに感心しきりであった。

 

もうこの時にはたとえボッチのままでも、日産スタジアムでのコンサートには絶対参戦する意思を固めた私であった。が、その後チケットを入手するのに悪戦苦闘、あきらめ寸前までいくことになるとは想像もできなかった。だって、日本で一番大きな箱なんだから。